2015年02月18日

紺野麻衣さん(パイプオルガン奏者)の卒業試験で感じたこと…

150107.jpg

1月7日(水)に、時々 一緒に演奏をしている
パイプオルガンの 紺野麻衣さん(麻衣ちゃんと呼んでいます)の
芸大の卒業試験があり、奏楽堂での公開試験だったので、聴きに行ってきました。

その演奏は 本当に素晴らしく、
曲が始まってまもなく、何かが降りてきて神々しく麻衣ちゃんに宿ったかのようでした。
涙が頬をつたいました。

家に戻り、プログラムに挟まれていた一枚の印刷物を
(不思議な事に、ホールではその存在に気づかなかったのですが)見つけました。

そこには麻衣ちゃんのオルガンへの思いが溢れんばかりに綴られていました。

麻衣ちゃんの演奏がどんなだったか、私が言葉で言うより
この麻衣ちゃんのコメントを読んだほうがたっぷり伝わります。

もしこのコメントを 麻衣ちゃんの演奏の前に読んでいたら、私は
きっと号泣してしまったかも知れません。

私の歌に対する思いが重なります。
麻衣ちゃんと私の中でいつも、
「私たちは 音楽を伝える媒体でありたいね」という会話が行き来します。

沢山の人に 麻衣ちゃんの思いを知って欲しい……と、 切に思い、
麻衣ちゃんの快諾を得て このブログに掲載させて頂く事にしました。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

風になる 〜いきること、感じること〜  紺野麻衣
                                          
“ひとのからだは、オルガンのパイプであり、風である“
パイプオルガンと出会って5年、ようやくわたしは風に出会った。それは突然の息吹であった。
「風の楽器」であるパイプオルガン。その風は“神の息”である、と私は理解する。そしてその息は私たち人間よりもはるかに大きく長く深い。その大きな息、ひとのこころに寄り添い響く音色と空間に、私はこころから涙し、からだすべてで感じたのだ、オルガンは「いき(する)もの」だと。そして同時に、
『主なる神は土のちりで人を造り命の息を鼻に吹きいれられた。そこで人は生きたものとなった。』(創世記2:7) と聖書にあるように、私たち人間も「いき(する)もの」であり、ひとつの楽器(1本のパイプ)であると。
つまり、風が通る=いき(す)る=生きる、ということであると私は思うのだ。風は「いのち」を運ぶ。
私は、自然とめぐりゆく風になりたい。めぐるとは、オルガンという楽器の息と私たち人間のからだ(楽器)の「いのち」の息がひとつとなり、空間すべてに満たされてひろがっていくことではないだろうか。そのために自然体であること、自分のからだとこころに響く空間をつくること、からだすべてをすませてオルガンの息を感じ、ともにうたい息すること。そして風と息、オルガンと空間、からだとこころ、それらすべてが「自然」とつながり一体となる。そうしてこころの空間にその先に響きひろがっていく。それが私の目指す空間である。
私のはじまりは「賛美と祈り」であり、それは私にとってのこころの空間である。
わたしはオルガンと空間にすべてをゆだねて大きな風を感じる。「表現」していきたい、つくっていきたい。
この風が新たな“はじまり”のときとなるように。すべてに感謝して。


タグ:紺野麻衣
posted by LARRA at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のあれこれ‥‥

2015年02月17日

3月15日(日)に『大塚GRECO』で行うライブのフライヤーができました!

既に告知済みですが、3月15日(日)に『大塚GRECO』で行う
『Play and Pray』ライブのフライヤーができました♪

150315_01.jpg
△リーフレットをダウンロードできます(PDF 1.54MB) >> [ダウンロード

出演は、ギタリストの宮野弘紀さんと、ピアノの秦野萌ちゃんと、
チェリストの西牧佳奈子さんと私(Larra レイ)です♪
「60分 2ステージ お料理一品付」で4000円。
心を込めて歌いますm(_ _)m 是非いらしてくださいね……

◆2015年3月15日(日) 14:30 OPN
   ●1st Stage:15:00〜 ●2nd Stage:16:20〜
◎会場/大塚 GRECO (豊島区北大塚1-34-18) TEL:03−3916−9551 MAP
   ※JR山手線 大塚駅より徒歩7分 ※住宅街の中です
◎出演/Larra レイ:ソプラノ  宮野 弘紀:ギター  西牧 佳奈子:チェロ  秦野 萌:ピアノ
◎チケット/4,000円 (※季節の一品付き)

2015年02月13日

12月31日〜1月1日! 八ヶ岳ロイヤルホテルで年越しコンサート♪

八ヶ岳や南アルプスの山々を望む高原のリゾート「八ヶ岳ロイヤルホテル」で
ピアノの秦野萌ちゃんと年越しコンサートを行いました♪

会場は、ホテル敷地内に位置する「森と星の教会」…
水をたたえる水盤と白樺の森の中に、クリスタルガラスと木の柱を組み合わせた美しい建物です。

当日の気温は、なんとマイナス10度!
凍える寒さの中、いらして下さった皆様、本当にありがとうございました。

141231_01.jpg141231_02.jpg
▲とてもステキな「森と星の教会」で
141231_03.jpg141231_04.jpg
▲ちょっと大人な今夜のめぐちゃん
141231_05.jpg141231_06.jpg
▲この教会は音の響きもすっごく良いのです!! 窓の外は雪景色…
141231_07.jpg
▲大晦日の晩… 2014年にありがとう!

150101_02.jpg150101_03.jpg
▲年が明けて2015年。ホテル主催の“餅つき大会”で。思わず 本気!!
150101_01.jpg150101_04.jpg
▲左)雪!!! 実はこの時 気温マイナス10度……。私たちもお客様も凍ってます。
右)ホテルのロビーに素敵なポスター。これを見ていらして下さった皆様、ありがとうございます。


posted by LARRA at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート記