2013年10月02日

群馬県みどり市「岩宿博物館」でのコンサート

130928_07.jpg

コールミニヨン20周年コンサートに気持ちを集中させていたので、すっかり告知を忘れていた
自分の本番が 先週末28日(土)に終了しました。
群馬県みどり市にある岩宿博物館でのコンサートです。

岩宿遺跡にある歴史博物館で、マンモスや黒曜石で有名です。

こちらの響きが素晴らしく、西洋の教会の響きに似ているということから、
毎秋サロンコンサートがシリーズで開催され、今回はそのうちの9月のコンサートに出演させて頂きました。

およそ2時間ほどのコンサートの前半をクラシックのピアノ演奏で江原葵さんという方が出演され、
後半をジャズピアニストの“めぐちゃん”こと 秦野萌(はたのめぐみ)さんと私…… という形でした。

ドレスに着替える控え室には なんと!1800年くらい前に“狩り”の道具として実際に使われていたという
石のやじり(鏃)が 何百も保管されていました。

透明感のある黒曜石を始め、様々な石で作られたもので、スゴいエネルギーを感じました。

演奏本番は 実物大のマンモスの骨(レプリカ)のまん前!!
いつもながら 太古のパワ〜を感じながら歌っていた私ですが、めぐちゃんはめぐちゃんで
さかんに「化石」という言葉を連発していました〜♪

なんでも 当日の調律師である佐々木さんから「どんな音で弾きたいですか?」と聞かれ、
「化石の音で!」と答えたところ、佐々木さんから「かしこまりました!」と、即座に返されたそうです(^_^)
確かに あの日のめぐちゃんは この世の物ではない演奏をしていました〜♪

お忙しい中、いらして下さった皆さま、ありがとうございましたm(__)m

130928_01.jpg130928_02.jpg
左)超!リラックス!   右)コンサート開始です
130928_03.jpg130928_04.jpg
左)adam-Padam   右)ピアノソロ-2
130928_05.jpg130928_06.jpg
左)くるくるまわる〜♪   右)潮騒のメモリーズ??


posted by LARRA at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート記

2013年10月01日

10月末に行うイベントの、奏者初顔合わせ♪

130925.jpg

和太鼓奏者の響道宴さんを通じて知り合った 荒井美帆(あらいみほ)さん と、
ピアノの志村和音(しむらかずね)くんと、
10月末に出演するイベント(詳細は後日ブログアップの予定〜♪ )の打ち合わせのため、
初顔合わせしました。

美帆さんはお箏(こと)の奏者で25弦箏を宇宙のような音色で演奏する方です
(普通の箏は13弦で25弦箏は珍しいそうです)。

和音くん(と、つい気安く呼んでしまいますが、スゴいピアニストさん)は、一昨年、とっても不思議……
というか いつもの私の天然がもとで出逢わせて頂けた素晴らしい&普通ではないピアニストさんで、
ジャズピアニストのめぐちゃん(秦野萌さん)から「お兄ちゃん」と呼ばれていたりもします。

今回、初顔合わせなのに、何故か3人すぐに意気投合し、
10月のイベントに向けてノリノリ♪な打ち合わせとなりました。

このイベントのプロデュースをされるのは、一昨年、和音くんを通して知り合った原田篤さん。
この方もバリバリに普通でないので、これからどんな展開になるのかが本当に楽しみです!
(原田氏は、この写真のカメラ担当?でした〜♪)

posted by LARRA at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート記